CRABBER 24 MK V NEW FOR 2017

コーニッシュカニ漁師24 HISTORY

Eurocrypt'91にてMaurerコーニッシュカニ漁師24は、おそらく80年代初頭からカニ漁師範囲の最も象徴的でした。合板から構築され、最終的に彼女はシンプルなインテリアレイアウトと良いサイズのコックピットで素晴らしい家族クルージング体験を提供するフルGRP建設に変換。

90年代初頭にCrabber 24のMk 3は、より深く、固定ドラフトと長いキール特性への移行で劇的にタックを変更しました。このタイプのさまざまなバージョンは、我々は、元のリフトキール/浅喫水Crabberの精神が範囲内にこの大きさで失われていることを感じて、自分の権利で素敵なヨットた一方で。

DECK ON

ルックスとヘッドルームの間の妥協点は20〜30フィートの市場の最大の闘争でした。広々としたコックピットと比較的低いコーチルーフラインで、私たちはカニ漁師24は、実際の見物人だと思います!しかし、どのようなヘッドルームはどうですか?

ヘッドルームを航行するときはそれほど重要ではありませんが、安全にアップ係留時にはサロン、ギャレーと頭の中に快適に立っていいです。新しいカニ漁師24 MKVに我々は、すべてのコーンウォールの上を参照してくださいキャンパーバンに触発されたコーチの屋根を設計しました。 「ポップトップ」サルーンのコンパニオンは、海上で14インチではないことでヘッドルームを増加するために組み込まれています。それが必要のようなだけの作品魔法のアプリケーションでどのような素晴らしいソリューションです。

DECKS BELOW

With a design brief including a well appointed cockpit space the interior of a 24 footer needs to be well thought out. Engine location and lifting keel design will define the space available and we think we have cracked it. A U – shaped seating arrangement in the saloon gives great space for four adults to sit and enjoy supper or breakfast. A flip up forward seat back creates extra space for single saloon berths and a generous double v berth. The open plan arrangement leaves space for a separate heads compartment and a neat galley. An option to swap a cockpit locker for an aft quarter berth is also available for those looking for 5 berths.

船型

ロングキールの海は細かいキールの操縦性と品質を維持します。 2200キロの変位はクラシック長いkeeledヨットに関連付けられていない簡単なタックと近い四半期自信を奨励しながら、安定性を提供します。喫水線の上に彼女は、スタイリッシュなヘッドターナーですが、水の下に、彼女はアンドリューWolstenholmeの描画ボードからモダンなデザインで教訓です。

c24MKV作物 c24MKVデッキ C24 MKVインテリアCrabber 24は、カットスルー